×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ヴァージンスノーのあらすじ

ヴァージンスノーとは、初雪の恋〜ヴァージンスノーの映画のことです。あらすじは
ミン(イ・ジュンギ)が大学教授の父親と一緒に日本に転校なる。ミンは自転車に乗って京都の街を走り回っていると、神社で巫女姿の七重(宮アあおい)と出会い一目惚れ。実は七重は同じ学校の生徒。
ミンは七重に想いを伝えたいが、うっかり彼女の大切な画材ケースを川に落とす。 画材ケースをアルバイトをし買った。ミンの誠意がこもった真新しい画材ケースを受け取った七重は、ミンと仲良くなっていく。
授業を抜け出した夏の日、陶器店に立寄った二人は、いつかミンが作った器に七重が絵を描くことを約束し合う。そして、初雪の日にソウルの石垣道を一緒に歩くことも。
ミンは約束を実現するため、著名な陶芸家でもある父親に焼き物作りを教えてほしいと頼み込んだ。
真剣に陶芸に取り組み始めるが、祇園祭の宵山の日から、七重は突然ミンの前からいなくなってしまう。恋愛ラブストーリが好きな方はヴァージン・スノーをぜひ見てみてください。

スポンサード リンク

ヴァージン・スノーの出演者たち

ヴァージン・スノーの映画の監督、出演者を紹介していきますね。ヴァージン・スノーは本当にいい映画ですのでぜひ見てみてくださいね。日本と韓国との合作映画になっていますので、ヴァージン・スノーの出演の方も日本の方と韓国の方が出演しています。
主な出演者 イ・ジュンギ 宮アあおい 塩谷 瞬 森田彩華 柳生みゆ 乙葉 余 貴美子など日本の俳優、女優さんたちもたくさん出演しています。監督はハン・サンヒは韓国の監督さんです。脚本は 伴一彦、撮影は石原 興。
美術は 犬塚 進、カン・スン・ヨンの日韓合作です。あとすごいところは主題歌に森山直太朗の 「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット」(UNIVERSALMUSIC)が使われています。製作年:2007年/製作国:日本・韓国 (日韓合作)/製作:角川映画、Dyne Film
ぜひヴァージン・スノー、おすすめですので見てみてください。

初雪の恋〜ヴァージン・スノーの見所

初雪の恋〜ヴァージン・スノーの見所は、日本の若手実力派ナンバー1の宮崎あおいと、韓国の期待の新星、イ・ジュンギ共演の日本と韓国を結ぶラブストーリーで日韓合作の作品は少ないと思います。
監督はハン・サンヒで初雪の恋〜ヴァージン・スノー初めての監督策作となります。あと主題歌に森山直太朗が歌う「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット」が採用されています。なんと豪華な日本・韓国合同作品のヴァージン・スノーでしょう。
日本と同じように、韓国にも恋にまつわるジンクスや言い伝えがたくさんあるようで、今回のテーマの初雪の恋〜ヴァージン・スノーの意味は、韓国にとって初雪の日は大切なジンクスがあるようです。徳寿宮、石垣道が出てくるが、ここを歩いたカップルは別れてしまうと言われているジンクス。
京都でのシーンは、清水寺、松尾大社ジンクスも、桂川、渡月橋など、韓国人監督から見た日本の美しさが、全編を通してちりばめられていてとてもみごたえがある初雪の恋〜ヴァージン・スノーです。

Copyright © 2008 ヴァージンスノーの初恋の思い出